上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
噴火の夢を見てから、
噴火のような怒涛の出来事、は多少ありました。

そして、何となく心に引いてあった一線を越えた気が。しました。
というより、既に越えてしまっていたことを自覚し始めたというか。
そんな線すらなかったんだとか。

とにかく、「噴火」というのは、

ええー 
んなこと言っちゃうのー 
どっかんどっかん 

という、
大爆発・大噴火ではなく、
大爆笑・大噴出(鼻血)とか、
ソッチ系(どっち?)でした。

とはいえ、ハッキリ「警告」された夢でもあったので、
何かそっちにこじつけて安心するのもな…と思っていたりします。

ヘルメットおじさんに対応するであろう方にも会いましたが。
…。;


不安に思ってしまうのは、将来のイメージが全然湧かない&
地震のイメージは鮮明に沸くから、というのがあります。
 
そう遠くない未来にぐっらんぐっらんしてるっていう。
その時は昼でコンビニに居るんですが。
ATMの斜め後ろで、地震だ?!と構えていると、
次に、は?っていうぐらいの揺れと不快な音、
棚の商品が沸き立つというか流れ出るみたいなイメージ。

そういうのはイメージできるくせに、
幸せな未来の「妄想」すら出来ないっていうのは本当にもう…。
どっかピピルとかポポンとかそういう名前の妖精のいるお花畑にでも留学してこようか…。


多分、将来のイメージが湧かないのは、
将来が無いんじゃなくって、
一枚黒い仕切りがあるからだとは思います。
偶にその先が見えますが、嘘だろと、
自分で見ないように、見えないようにしてる…んです。
まだまだせめぎあいがあるので。



…あと、夢に出てきた、
わけも分からず遅刻をしていった学校、
若干違いますが、ほぼそのままな舞台が、
リアルで再現と言うか実現と言うか、しました。

扉入っての部屋の大きさ、窓、床絨毯、
モニターは無かったけど、左手奥にパソコンが置いてあって、
半円の机、重厚感、などが同じでした。
夢メモ読んで思い出しました。
全く同じではないけど、雰囲気が一緒でした。

実際に何をするか知らず、
行くべきだと思ったという直感だけで行き、
実際に遅刻して、(迷子☆)
登場人物も大体同j………同じって言うのは失礼ですが…でした。

もらったのは食べ物ではなく書類(ヤギなら食べるけど)、
ふりかけではなくパーカーでした。(パーカー→打掛→振り掛け?)
あの人の息子…とかいうのはなく(別にどんな人の息子でもない(むしろ娘))
・・・やっぱ全然違うか。


「ざっくり考えるとなんか似てる」 っていう。

実際の人たちの方が
デタラメな夢の登場人物より絶対的に素敵でした。

で、多分、夢で
「学校に行くようにセッティングした父親(何やってるかも知らない・顔も知らない)」
って思ってたのは、
「 」のことなのかなー とか。

解釈が出来ました。
スポンサーサイト
山の噴火(爆発的)なんて初めて夢で見ました 苦笑
山が特撮チックだったのだけが救いです。

ビミョーに不吉
なのでメモ


どこかの山頂(と思うが平地)を歩いている、中への立ち入りを制限しつつある壁に到達、越えようとしたら、中から恰幅の良いヘルメットのおじさん登場、帰宅と避難の指示を受ける。

曰く
政府は言わないが、山はこれから噴火する。

信じようが信じまいが、二丁目までは本当に危ない、私の家はかろうじて大丈夫だが、あなたの近所も(山から離れていても)危ないから、家に戻り警告するように。
時間は殆どない。
もう噴火する。
無事を祈ります。
と。
(何で赤の他人の住所を知っているんですかね)


後は、黒っぽい地面は危ないから踏まないでと言われて、避けて下山(数歩+瞬間移動)(流石夢)


で、家に帰りつつ、近所に警告して回ります。
山が噴火しなかったらキチガイだよな…と思いながら。

家族にも伝えますが、

は?笑
まぁ防災の用意は必要だろうけどねぇ?
噴火?面白い事を言うわねぇ、まぁ用意はしておきましょうか…?笑

という鈍い反応。
母は全く信じず、祖父祖母がとりあえず印鑑でも持っていくか、と笑っていました。


で、そうこうしているうちに、地響きが。

二階の窓から見ると、外の山(リアルでは家から山は見えない、昔は富士山が見えたらしいが夢では富士山とは反対の窓)が、大噴火。

はいー?!
って思わず笑ってしまう噴火っぷり。

山頂からドーン、というより、山頂、中腹、いびつに噴火したみたいで、あちこちから火と煙が上がっていました。


家にも少し…どころではない燃えてる石、レキイシ?やら火山灰?やらが。

もう警告も避難も出来ないので水持って待機して、少し屋根を突き破って入ってきたものを消火してました。


そんな夢。

…。
なんなんだ。

怒りが爆発しそうになってるとか?
そんな怒りも無いですが…。

今日バカ学校に行くからでしょうか…(; ̄ー ̄A
朝携帯からメモしておいた夢のしっぽ

知らない家。
二階の居間?からスチールの簡素な階段を降りると、だだっ広い部屋になる。

家具なし
越してきたばかり?
朝の日差し、電気つけてなくて暗い

ガラス張り、床フローリング、外に通学する小学生か子供が見える
奥に水道、トイレ
水道の流しも生活用って感じではなく少し教室っぽい

部屋を見回し、とりあえず少しストレッチしてから、指定された学校、に行く

入ると授業中。
遅刻したかな?と思うが兎に角何も分からないので罪悪感もなく。

奥は窓、濃い色の木製の半円の机、床は絨毯、前(左手)が画面。
生徒と、多分生徒じゃない大人が結構居た。


奥から小太りの先生が出てきて、丁寧語で話しかけてくる。
めっちゃ気を遣われているのが分かり「?」となる。

父親が学校にたまに「来る(助けに?貢献しに?)」らしく、周りは何か、ああ、あの人の息子、みたいに納得している

こっちは父親が何をして居る人かも分からない。

でもその父親の頼みで何故か入れたらしい。

私は何も知らなくて、カリキュラムも知らなくて、「どこそこに通え」と言われて、来てみた、という感じで何を習うのかも不明。


何故かとっておかれていた食べ物をもらう(朝食?)

で、何故かおばさんに、弁当足りないでしょと言われ、大丈夫ですと言うが、押しの強さに負けて、魚のふりかけをもらう


因みにこの夢では年齢は分からないけど男の子~少年だったようです。



後は断片的な夢ばかりです、っつーか起きてすぐ会話したのでぼろぼろに忘れました…。
うう…。


銀の指輪+黒い何かを真上から見ている夢とか。


後は…コンピューターに話しかけている夢。


人工知能をプログラミングしたという背の低い人が、
脳(こっちは人間の脳)の模型を持って、
プログラミングをする部屋の外で待機していた、
博士っぽい人と私のところに来た。

プログラミングした人は、
うまくいかなかった、暴走している、と言っていて、
博士は、それでも凄い、と見に行く。

打ちっぱなしな部屋の壁に画面が2つ、
意味不明な情報がバラバラ映し出されていて、
下には、白地に赤の基盤みたいな細かい模様(設計図?)が一面に走っていた。
1m×1.2mぐらい?縦長
これが人工知能の「脳」らしい

基盤の上部中央に丸い玉が1つ、
多分カメラだけど、黒くはなく、白っぽく、
微妙に縞模様が入っていて、色を変えつつぐりぐり動く

「博士」を認識すると、人口知能側から話しかけてきた

博士?は、その人工知能に、
教育と??(忘れた)の違いが分かりません、とか、
何故ーーしなければならないのですか?とか、
喧嘩腰な質問攻めにあう。
博士タジタジ。

私は面白いなと思って、「??の定義は?」と聞いてみる。

そうすると、
「ーーをーーすることです」、と即答され、
新聞の切り抜きみたいな映像や文章が大量に画面に出される。

その答えに感心しつつ、
また質問を投げかけたり、反論して見たりすると、
凄く賢く(当たり前か;)答えが返ってくる。

すげー…
何でも答えられるかな?

と、やり取りしていたら目が覚めました。


返答の簡潔かつ的を得た内容に喜んでいたのですが、
起きて喋ったらもう飛んでいました。

何を訊いたかも何を答えられたのかも覚えてない。

たとえリアルでは「いみわかんねーぞこら」な内容でも、
一応覚えていたかった…のですが。

まぁいっか;
神目線(外野)の夢

白人の男の子がメイン
白人の女の子(イジワル)にいじられつつ、
何か問題、困りごとを解決しては景品(?)をもらっているという設定。

景品、報酬、といっても、お金ではない。

その時は、部屋一杯分の水、が報酬だった。
こんなものもらってもどうしようもないwという。

男の子は膝までぐらいの水(少ない^^;

そのどうにもならない「報酬」を、排水した後、
男の子がキッチンにいると、
その勝手口から、アジア系の人達がわらわらと入ってきた。

先頭は、女性の「お頭」的な人。

とりあえず、服が奇抜(下駄!)

足は足袋+普通の黒紐の下駄、
下は黒いスキニーな…レギンスではないけど何かそういう奴、
上は腰までの無地紺マント(外套?)で中に何着てるかは不明、
それに車掌さんの帽子みたいなもの。やや長髪。

その人に、白人の男の子が外へ連れて行かれた。
何処かへ行くらしい。

その女性の登場と共に、BGM(?!)が、何故か、
ウーロンナンタラ(と唱えているお経っぽいもの)になった。

夢を見つつ、
ウーロンはないよウーロンは、中国かよ、
と思ったので覚えていられた;

お頭は日本人女性なのに、
付き人は中国?かどこかの人達で、服装も様々。
薄緑の帽子に作業服みたいな人も居た。

BGM(お経?)の合間に、
「ホァーゥ!」とか合いの手を入れていた。
不思議

(まぁ。夢なので。
何でこういうのを作るんだって脳にツッコミたいですが。)

お頭の女性は、坂道の途中、
道が二手に分かれるところにある店で、
(扉が木の縦縞の奴で、外からは何の店か見えない)
銀の十字架やメダイセット?を買う。(何故キリスト教…;)

で、普段行かない側の左の道へ
(修道院か料亭か、プライベートな建物のあるイメージ)

途中、道でシスターに会うと、
銀のメダイを1人ひとつ渡していた(何故?)

シスターの顔は割とはっきり見たが、
現実では会ったことない人

ガリガリのちりちり黒髪メガネシスターと、
普通の太さ(失礼)の、白髪丸顔丸メガネシスター
どっちも高齢者でメガネでした。(で、明らかに日本人)


何処かに辿り着く前に目覚ましに叩き起こされて終了。


別の夢。

少し時代がかった洋館っぽい、でも変な作りの建物。
吹き抜けの広間、
二階の手摺の所に人が集まり、
天井のガラスのシャンデリアのオークションをしていて、

下では職人が羽子板を制作しているところを見せていた。
何故…;

羽子板は、まず四角い板に装飾をしてから、
木を叩いてその形に割って(?)作っていた。

途中から、意識が一階にいる1人の女性職人の中に落ち。

羽子板にする板をばしばし切れ目に沿って叩き、
先輩職人にアドバイスをされているところで、

目覚ましにシャウトかまされて終了。


別の夢。

やたら豪華な家(屋敷って言えるぐらい)が出てきた。
当然見たことは無い家;

豪華というより、天井が高い&広い。
天井があんなに高い家ってそうそうないだろ…っていう。

自分が誰だったかは分からないけど屋敷に住んでいる人、
子供だった。
とりあえず日本ではない。

その屋敷が大改装の末、やたらハイテクになったらしく、
黒人(あまり真っ黒じゃない薄めの色←?)の子供数名と一緒に、
探検していた。


今回は家の殆ど全ての部屋&大広間やらが改装されたのに、
自分の部屋は暫く前にリフォーム済みだったので何もされず、
退屈だった、というのと、
特に大広間の扉(隠し扉みたいな(隠されてはいないけど)は、
入るな、と親に言われ、逆に入りたくなった模様。


黒人の子供達は多分使用人とかそういう感じらしい。
でも使用人と言うより友達感覚だった。

年長者の子に、
そこ、入るなって言われてるじゃないですか…;
と言われつつ、
いいんだよ、(自分の)家だもん
つーか何も触んなきゃ見つかんないよwww
わー
なにこれー(部屋に円筒形の機械が一杯;)

と か 騒いでいたら、

目覚ましに以下略。

今日のはそんな夢でした。

庭にも出て遊んでいました。広かった…。

背の高い木に覆われていて庭の外、
は全く見えませんでしたが。

母屋の他にも、でかい建物がありました。
そっちは少し古めのビル、研究所、のような外観。
何なんだ…。


豪邸は手入れが大変そうだけど、
たまに、広い場所があったらいいなぁ、
と思うことはあります。

大聖堂とかの、静謐で安全で広い空間に、
一人でいると安心します。
半径10mぐらい誰も人間も物もないっていうの…。
落ち着きます。

常に孤独じゃ嫌ですが;
今年の目標は、半年勉強して某資格を取ることです。
私が…というより、
その肩書を貸す・必要としている人が居るから取ります。

それは苦痛でもなんでもなく、
そういう生き方しかしてこなかったし、
他にしたい事もないので、やりますが…。

自分からしたい、という事が、無いです。
自発的な今年の目標、抱負、そういうものはゼロです。

自分から危機感を抱いて(必要性を感じて)やる、
ということはありますが、
完全に自分の目標と言うか目的の為であることはありません。
自分がやりたいからやる、というのが分かりません。
自分がやらなければ誰かが困るからやる。

誰かが必要としていたり困らないのならば別にやる必要はない。
やりたいな、と少し思ったとしても、
何も人の利にならない場合は気力が湧くまでに時間がかかります。
それから終わった時に無力感しかありませんww
何やってんだろう笑 という。

後は、普通に疲れているときは、
人の為になることでも動くのが辛いです。
(==)これは当たり前か…

趣味…も、やりたくてやってるのか、
やるべき(何かをしているべき)だと思うからやっているのか、
よく分かりません。
全く何もしたくないと思っていても、何かをしていなければ、
面倒くさいのに加えて心配させたくない、ので、
…まぁこれも周りの人の為…に一応なるから動けているのか…。

私が休日に無趣味で無気力でも、
心配する人がゼロになれば、何もしないかもしれない;
別にしたい事が無いので。
これは記録として書いています。
ここから改善するのか落ちるのかちょっと見物っつーか。
数年以上前から改善してない気もしますが、
それより前はマイナス何百だったので、
ゼロ付近まで近づいてきているような、
浮いたり沈んだりです。

普通の人の普通のテンションを百前後だとすると、
まだまだですが。


今は、楽器類が完全に弾けなくなってます。
弾こうという気がカケラも浮かばない。
今私が弾いても、教室には通ってないし、
グループでの発表もないしで、
誰の為にもならないから…でしょうね。


たとえ、最初が自分の楽しみのためにやっていても、
いつの間にか相手の為になっていて、
楽しくなくても止められない、楽しいとしても、
どこか「義務」になっています。

こんな状態で、
生きていること自体が不思議でなりませんが、
とりあえず、偶には役に立つので、
その偶に必要とされる時に、
誰かの為に動く人間である為に生きている、というか。

義務化した「趣味」は、所詮は趣味なので、
通うのを止めれば、参加するのを止めれば終わります。
なんで電池が持たずに終わってしまいました。

趣味ではなく、誰かの生活に直結しているもの、
身近な相手が本当に必要としている事、は、
すぐには放棄できないので対応してます。

っていうかそれしか今のところ生きる理由がないので、
放棄するとかそういう問題じゃなく、
ありがたくやらせていただいている感じです。


予定が無いと、時間が出来ると、
なんかボーっとしていて、マズいなと思います。
一応時間を潰すために何かをしてみたりしますが、
それはそれで、「何無駄な事やってんだろうw」と思います。


ウツだーという状態の時ほど、
気分が落ち込んだりはしてないのですが、
別に 何の欲求もないのです。

取り組みたい何かが無い。

何も食べないと心配されるので、
食べ物を食べますが、
食べるパフォーマンスをしているような気分です。

空腹感も満腹感も無く(食べ過ぎたら気持ち悪くはなる)、
なんとなく何食べても満たされないので、
食べようと思えば幾らでも入りそうで、
カロリーを計算しつつ、適度なところで止めています。

お茶だけは「飲みたい」と思いますが。

まぁお茶だけで生きていけるわけないんで
色々ちゃんと食べてます。


本当に、自分が無いなと思います。

何の為に生きてるんだろうって思います。

生きる目的が無いので、とりあえず、
「他人」の為に生きていますが、
他人の為=自分の為(スキルやらは身に着く?)
というのも分かりますが、

他人の為にした、自分の為になる筈の事は、
自分が望んでいる・欲している事と「=」ではない。
のですよね…。

でも、じゃあ、
お前は何が欲しいのか?何をしたいのか?と聞かれると、
何も。 NOTHING としか言いようがない。

見た目とか性格は、
自分が無いとか内心ほざいてる割には
かなり浮いてるのが分かりますが…(==)仕方ないじゃん

――以下昨晩のやり取り――

遅い夕飯でボーっとTVつけながら食べていたら、母に、
「あなたって、このCMの子と同じ髪型の筈なんだけどねぇ…何が違うのかしらね…」と、困惑顔で言われました。

私が、「顔だよ顔」と本当の事を教えると、
「そういうことを言うんじゃないの!!」とキレられました。

顔じゃなきゃどこが違うっていうんですかね。
骨格?

…色気?

流石に四捨五入して30になる歳でも高校生に間違えられるようだったら考えますが、
未だ一応四捨五入すると20なので。

高校生?って聞かれると複雑な気分です。
老けて見られるよりはいいのか、何なのか。
童顔じゃない筈なのに。

ケバいメイクをすればいいのだろうか。
それはそれで人が完全に寄り付かなくなりそうですが。
顔きついので。


…自分が無い、とは言っても、
一応双子は居ないので、他人とは違う顔を持ってますし、
書く文章の感じにも、偏り・傾向があります。
(どんなに頑張っても、人それぞれ、
各個人の「その人節」が、ありますし、出てしまいます)

余所で、文が独特で面白い、と言われたことがありますが、
前からずーっと同じ調子で、こんな改行の仕方で、
変化がありません。
なので結構ワンパターンだなと思います。

文章も「〇〇ですが、」 
っていうのを多用しているのが目につくというか
自分でもウザいです。
書いちゃうから仕方ないですが(まただ)

後は、「とか」とか「感じ」とか。
成長してません。数年前から。
これがそのうちダサイ族な文に劣化していくのかと思うと…。
少しは新しい単語を仕入れたほうがいいかもしれない、
と思います。

あげぽよー とか…?

基本ローテンションなんで、使うとしたら

さげぽよー ですかね?


つかわねー。
それよりマトモな語彙の幅を広げたい…。
でも小説を読む気力が無くて、
最近全くフィクション系は読んでません。

読了後に作者の文体に脳内が侵されて、
書く文章が他人のものになるのも、今はちょっと。

お堅い「小説」が皆、似たような文章の感じがするのは、
小説家の人たちが、お互いに、
今ある小説を読み込んでいて、
意識して「小説っぽく」書いているからなのかな、
と思ったりします。

どれを読んでも似たような空気。
これぞ小説、みたいな。

(空気だけで、読んでみると意味が解らず、
読めたもんじゃねえわ!とキレるのもある)

単に文章が上手いから、そう感じるのでしょうか?
読みやすく洗練されていった文章は、
何処かその言語の黄金比みたいなものを帯びていて、
結果として似る?的な?


その空気に触れたくなったら読みますが、
今は良いです…。
(==) キリョクガナイ

で、このパターン化された書き方を、
私自身の言葉のリズムだと思えば、それまでですが、
もっと普通というか、癖のない文章が書けたらなー…と、よく思います。

…。


「〇〇ですが、 〇〇です。」

という言葉を多用してると言うことは、
いつも、心の中で、比較したり、
或いは何かを受け入れつつも、実は拒否ってる事が多い、
っていう事なのかなと思います。

いまいち分からなくて、
対処のしようが無いの「ですが」。


で、話が大幅に飛び「ますが」。

昨日(木曜)に、ブリージングストレッチ院というところで、
視力改善を目指すストレッチの単発講座に参加してきました。

……迷いそうだったけど迷わなくてよかった。

一階に石屋があるという事が分かっていなかったら、
入口が分かり辛過ぎて多分通り過ぎていたと思います。

一歩で通り過ぎられるぐらい狭いマンションの入口。

絶対アヤシイですが、著書も読んで、ネットで見て、
この人はイケる…と思ったので行きました。


そこで言われたのは、
体調=内面 ということ。視力=体調。

見たくないから、見えてないんだと…。

私は視力自体は悪くないし、
ずっと視界良好で生きてきたのですが、
高3ぐらいから徐々に乱視で、
今はもうブレまくりです。

物事への焦点が定まってない、
ボカされた世界で生きています。

進路…自体も、
焦点が全く定まっていないので、
(自分の希望というのは無い事になっている)

体調=視力 内面=体調 

ならば 

乱視で視界がブレている、っていうのは、

=世界の焦点をブレさせたい
(自分の目標があるのを見たくない・無視したい)

表れ、でしょうか。



あー まー そーだよなー 
みたくないからみえねーんだなー

と思って聞いていました。


視力が低い=視野が狭い とか、
空や月など自然の物を見る(で、綺麗だなーと思う)と、目が良くなる、
という話も聞きました。

視力が落ちるにつれて視界・視野が狭くなってきているのも、
実感しています。

でも小さい頃から空(雲)が好きなので、
空を見て癒されています。
それで何とかなっていたのかもしれません。

辛い時に支えになったのは
ぶっちゃけ魂の無い他人の言葉ではなく、
「非言語の住人達」でしたから、
自然のありがたみと言うのは分かります。

住人っつーか人間じゃないですが、
自然界の物。 空、植物、石、水、風、など。

私は言葉が好きですが、
出来る事ならば、
言葉を離れた世界の何か一部になりたいと思うことはあります。

でもそういう意識で生きていくには、
周りは視野が狭すぎて、
それに合わせる為に、視野を狭めて、
もう何もないんだと思うことでしか、生きていけません。

周りの人は、多くの人が、
半径数mの事で頭がいっぱいで、
そうやって生きていかなければならないのかと、
それよりも意識を拡大させてしまうと、
人としてうまく生きていられないのだと…ぼんやり思っていました。


普段使うもの、食べるもの、捨てるもの、
その成り立ち。

考えてしまえば、
恐ろしい現実が波のように伝わってくる時がある。


心を込めて、素材から、愛されて、作られたものもあれば、
利益を追求する最終的なメーカーの欲求を通すために、
沢山の人や物が、蔑ろにされながら作られたものもある。

或いは、使う人に良い影響を与えるという宣伝をしながら、
実際は奪っていて、
奪うだけではなく環境をも汚しているものがある。

作られ方を知れば、廃棄した後の事を考えれば、
手に出来ないような製品・食品の山。

でも、それを使わないと「生活できない」と刷り込まれている。

そういう事を考えていると、
神経過敏だの、考えすぎだの、健康オタクだの。
或いは宗教やってるのかと心配されたり。

製品だけでなく、社会の在り方も、
不思議でしょうがない。
気持ち悪くてしょうがない。
人がモノのように消費され、物を消費させられて生きている。

そんな中でも希望を持って生きている人はすごいと思うし、
尊敬するけれど、
何故それを目指さなければならないのかと思ったり、
素直に受け入れられない自分を糞だと思ったり。

ほんっと 人間ヤメタイデス(==)
なんでワタシ人間ヤッテルデスカ?

目標も、したい事も無く、
無駄に衣食住の事足りる豊かな現代生活を享受させて戴けて、
言うことないですが、することも無いです。

本当は、生まれてきた以上、何かしたい事・心残り?は、
あるのかもしれませんが、
今は、見えません。
乱視だけに。(オチてない

乱文にもなりました。

………乱視だけに。(そして寒い


どうすればいいんでせうかねー。

「馬鹿」になりたいです…。


うう。
っつーか長くなったw 
愚痴は以上です。
調子が悪ければ悪いほど長文になるという法則を当てはめると
今は絶不調っつーことになるのでしょーか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。