上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カオナシの無力そうな佇まい
表情の無い仮面と
失われた言葉、声
慢性的な飢え
普段は押し隠された、暴力的な、全てを呑み込む腹の口


自分と重なる。

私が自分の事ばかり考えるしかないのは

他人に向ける顔がない
自分の顔が分からない

という2点に尽きるのかもしれない。

だからカオナシ。


自分の「顔」すら分からず、腹の内も読めない。

ただ、辿り着くべき言葉を失った、黒々とした慢性的な欲求不満だけが身の内を駆け巡っている。


何処に居ても本当には打ち解けられない。
そもそも自分が誰なのか分からないから、開示のしようもない。

他人から全てを借り、他人の優しさに依存しきった、蓋を開ければいるんだかいないんだか分からない、オバケのような虚ろ。


シニタイ?
イキタイ?
ナニガシタイ?
ナニガホシイ?


カオナシには具体的な欲求がない。
欲求のある人に求められたい。

でも、与えても与えても、それは自身の欲求になりえたのか分からないから、満たされない。

これといった欲求がないのに、だからこそ底無しに欲深い。

際限なく、決して満たされない「何か」を求め続けるしかない。



そんなのは…嫌だー。


カオナシはカオナシでいいんじゃない?とか言いたくない。

よかねーよ。ほんと。


しなきゃマズイことは山積していても、したいこと…は…分からない……。

死にたいというのだけはあるけど。
それはいずれ叶えられるから それまで生きるモチベーションが…m(_ _)m


ゲームか何かをやってりゃハマるし楽しいけど、それは仮の達成目標を次々に与えられて、目標がないことを一時脇に置けるからなだけであって、本当に楽しいか聞かれると…効きの悪い鎮痛剤を飲んだぐらいの「楽」さしかない。

映画やアニメや小説も、目標を持った他人のドラマの中に、日常を脇に置いて一時的に入り込めるから、「その時は楽しい」のだ。


娯楽というよりは鎮痛剤のような使い方をしている。
痛みが酷くなると、現実に近い作り話から順に受け付けなくなる。



自分に与えられたドラマは、今のところさして楽しくない…らしい。

楽しむ努力をしてないからですかね?

色々やってみても心が動かないのは、楽しもうと積極的にテンションを上げてないからなんでしょうか。
(自動的にテンションは上がらない)

無理してイェーイとかやれば楽しくなるんでしょーか。
いぇーいひゃっふー。


衣食住に事欠かず、周囲に支えられ、日々いじめや虐待を(外から)受けているわけでもなく、これだけ恵まれていても、楽しくない、とか、ほんとコイツ早く死ねばいいのに…と思います。


この先もずっとカオナシのままならば、とっととご退場願いたい。です。
放射能の害を防ぐ食品です。
ヨウ素やヨードなどの薬ではなくすぐ手に入るもの2つ。


昆布は被曝する前に摂取する(しはじめる)ことで、放射性物質を取り込むのを防げるそうです。

昆布を水に浸した昆布水でも、そのままでもいいらしいです。
根昆布、とろろ昆布、乾燥昆布、など。


味噌は、取り込んでしまった放射性物質を吸着し体外に排出するのを助けるそうです。

味噌汁でいいそうですが、特に生の赤味噌を舐めるのがいいとか。


とりあえず心配な方は、継続して味噌汁を飲む(日本人には簡単?)のが一番かもしれません。



以上。
だー。

「おい、起きろ、そこのクソネズミ。本部からの出頭命令だ!」

から始まる夢の内容を小説風に書いていたら、まさかのアレなボタン2連打で霧散しやがりました…。

あっはは。
あー。
無残。

もういい。

もういいよ…。


というわけで書くのはやめました。今日の夢メモはこれだけ。

夢で上官をコケにした罰ですかね…。



最近思うのは、他人のブラウザの「お気に入り」を見てみたいなぁというもの。
趣味が全開になっているハズです。
今は知らない隠れた良サイトを知ることが出来るかも。

私のはかなり不健全なので…他人に見られたらちょっち(ちょっちゅ?)死ねます。

…ちょっちゅね、っていうのは何年前ぐらいに流行ったんでしょうか?

父親がたまにフザケた口調で言ってましたが、何かのボクシングチャンピオンの真似とは最近まで知りませんでした(^^;)
(名前は今出てこない…)
(…具志堅ナントカさん?)
(具志堅ビリー?)
(具志堅トム?)
(具志堅治?)
(わからん)


で、自分の「お気に入り」は見せたくないけど、他人のは見たいという…。


誰か見せてくれないかなぁ。


(新規開拓しないとつまらなくなってきた)



…てかその前に生きる気力と、マトモな感情が欲しいです。



姿形は人間だし言葉も通じるし笑いかけてももらえるけど、
申し訳ないぐらい、価値観や感情がついていかないです…

ので、疎外感(違和感、合わない感)がハンパないです。

今日はイベントがあったのですが、
姿形の似てる異星人の集会に出席してるみたいな気分でした。



人生を、どーでもいい、とどこかで考えていて、
色々棄て去っているからでしょうか。


荒波というか、今「一難」が去ったところなんですが、難問が降りかかっても、ショックを受けたフリ、解決に奔走してくれた人たちが肩を撫で下ろしても、喜んでも、同調するフリ…しか出来ませんでした。

その最中、他人に強い感情を持って触られた時(二回)だけは何か、
感情ってこうだよな、というのを思い出せました…。

ただ面と向かって話しているだけでも影響されますが、
触られると相手の感情がダイレクトに流れ込んでくるっていうか。

人がイライラしている時とかって、絶対なんか出してます。

電気っぽいものか、イライラフェロモン(?)的なものが、
空気中に散布されているに違いない…w

隣の部屋に居てもビリビリ痛い時とかは…
頼むから近くに来るな!!と思います。

あまり外に見せてる顔と中の感情・思考が乖離している人や、
その時に強い感情を持っている人に触られたくないです。


で…普段は感情が無さすぎで、
普通レベルのテンションにもっていくのさえ大変です。

最近…でもないか…近年?ここ十年以上?、
どっかが接続不良を起こしているとしか考えられません。


お前醒めてるとかいうレベルじゃねーよ人間として生きていくためのネジがなくなってんじゃねーの?
と言って殴り倒したい。


なんとか人間認定してもらえるレベルの喜怒哀楽は表現できていても、ほとんどが場に合わせた演技…。

感情ゼロ~MAX100として5ぐらい。
他人のを「もらって」最大30。ぐらい。

↑普通の人の普段のテンションは25~40ぐらいとする。


良いことも悪いことも、何とも思わないのがマズいというのも「頭で」そう思っているだけで、実際は何とも思ってない…(ややこしい)


こんアホんだらぁはどうすったらえぇのんかぁー?(エセ方言)
喜んで良いのか分からない。
今日また言われた…先週も…。

実年齢言って「…え?にじゅ…え?」とか驚かれるのはもう少しオバサンになってからで良いと思う…。


小学生には「中学生?」と聞かれ、中学生には「高校生じゃないの?!」と聞かれ。


オバサンオジサンに年齢を言うと「もっと若く見えますけど(結構歳いってたのね)」と苦笑される。

四歳下の妹と並べば妹が姉に見られる始末。

目鼻立ちが比較的くっきりしてるファッションに興味のある妹と、目鼻立ちが残念な感じで色気ゼロのどんくさい姉だったら、そりゃ逆転して見えるよな…

と思っていたけど、何だか服装や顔だけではないらしい。


子供っぽい服装を避けて割とオバサン系の服を着て、更にマスクつけてるのに高校生認定されました…。


どこを見てそう思ったんだ。

雰囲気が子供属性(意味不明)なのかな?


それで髪切ったら性別間違われるし…。


今は長いからいいですけど冬に短いとかなり間違われます。

胸もないし、声低いし、可愛げないし色気もないんだなぁ…と。笑うしかない。




苦労していない人、責任感のない人、オッパッピー(古)な人などは若く見られやすいとか。

…確かに私は苦労をしていないかも。と思います。

忍耐や我慢を強いられる事は多かったけど、物理的に朝から晩まで働き詰めとかはなかったし。

物理的な虐待もされてない。

ゲームやマンガを親の面前で友達からハブられるまで買ってもらえなかったとか、結局据え置きはダメだったとかは置いておいて、物質的には不自由したことがない。


不細工だから可愛い服は似合わないし欲しくない、と思えたのは、せがめば買ってもらえたからでしょう。

祖父が服を買ってくれる事になっても古風な顔には似合う洋服がなく、
母や店員の焦り気味なフォローはあからさまで虚しく、
デパートの洋服売り場には悲しい思い出しかありません。わらい。

(素材がアレだと何を着せてもアレ)
(馬子にも衣装と言えるのは馬子がマトモな顔の場合のみ)


バカ高いものやブランド品なんかはおいそれと買えないけれど。(興味もない)

小さい頃から飢えることもなく恵まれてましたね。


そんなに普通より苦労してないのか?とはちょっと思いますが…。


見えない問題は山積してたんですがね…。


若く見えるのは、他にも危機感がないとかスレてないとかアダルトな魅力がないとか…色々考えられる理由はあります。

キレイなオネエサンに憧れてない(なろうと頑張ってない)というのもあるかもしれません。

無理なんで…。


…不細工な方が頑張ってるのを見るのが一番いたたまれないです。

努力には拍手したいですが、美人になってるかと聞かれたら嘘はつけません。

まぁそういう酷い事を考える人間だからこういう顔なんでしょうが。

子供=毒舌

てことで。



でも中学生の時に、
アンケートの人につかまり、
「社会人の方ですよね?え?中学生?ええー!」

と言われたこともあるのです。一応。


同じぐらいの時に
「何年生?五年生ぐらい?え?三年生?え?中学?まぁー」と言われたり

大学入りたての時に、二年生の先輩に勝手に印象で四年生だと思われたりもしましたが…謎です。

性別間違えでは、
海水浴でオッサンに「ロン毛の坊っちゃん」と言われ(幼稚園)、小学校のランドセル取りに行くときにも「坊や偉いねぇ、お姉さんの取りに来たのかい?」とにこやかに言われ。

ホテルでは「お坊っちゃま」と言われ(小学校高学年)。



妹に背を抜かれる前は「お兄ちゃん」と言われ、抜かれてからは「妹さん」…。




…。


ブリブリの服を着てないからってそんなに分かんないもんですかね☆



今日はオカチマチという何か語呂の良い場所に行ってきて、南口から出て歩いたら迷子になっていつの間にか北口に辿りついたので半泣きで帰って来ました。半分嘘です。



最近、ネットで一目惚れしつつも買えないでいるエレスチャル原石と、
プレシャスオパールのブツが楽天市場のものだったので、
色々なブログやらサイトを見るたびに、横に表示されます。

凄く……目障り(色んな意味で)です。
それでいて全然お嫁に行かないから…待たれてるみたいで(TT)やめてー となります。

私はオパールでは、透明度が高くて青白くてオレンジの光が滲むものが好きです。

虹色は好きですが、オパールに関しては、
遊色がバリバリのステンドグラスのようなものより、
ボワっと大きく光るのが好きなんです。

プレシャスオパールは別にホンモノじゃなくて人工石の、オパライト(オブシディアン・オパール?)ガラスでもいいんです。
オパライトに関しては、天然じゃないとかは関係ない。

ハイパーシーンもそうだけど 
作られてくれてありがとう…TT と思う。

あの薄い水色に光を当てると掴み処のない鮮やかなオレンジ色が浮かぶのが良いんです。
夕方の空の色と陽の光を全て内包しているような。

凄く食べたいです(ぁ

絶対にオレンジ味だと思います(食べられません

最初は寒天を食べたように甘さも何もあまり感じなくて、
あれ???と思っていたら最後にオレンジの酸味が一瞬感じられるような味の筈です(どんだけ食べたいんだ


透明なオパールも好きです。
かなり食べたい。
美味しそうです。

…石って食べたらどうなるんだろう。
多少胃酸で溶けて、吸収されるのか?
お腹を壊すのか?
それとも何事もなく雲国斉になって出てくるんだろうか?

粉末なら昔の人が薬として使っていたのでアリっちゃアリなんでしょうが…。

どうなんだろう…。

…食べませんけど。




インフルエンザが治ったのは良いものの、
得体の知れない気持ち悪さだけが持続しています。
主に胃が。
胃がァァァァ。という感じです。

肩凝り以上頭痛未満、
キモチワルイ以上吐き気未満、
かったるい以上だるい以下。
喉の奥の方でまだ炎症がくすぶっているのか、
喉が不快にスースーします。

「本調子」にあと一歩足らない…という感覚が持続していて非常に気持ち悪いです。
どうしたものか。
何をすれば治るのか見当が付きません。

とりあえずレッドブルと胃薬を飲んでみてます。
翼授からねぇー



気持ち悪い…とこぼしていたら、
母親に冗談で
「寝てる間にあの世で忙しいんでしょwwwww
デパスあげようかwww」
と言われました。

夢を色々と見るから言われたんでしょうが、
冗談なのに冗談に聞こえません…。

あの世(夢)で働いてるなら有給でも取って現実の身体を治せよオィィ…!と言いたい。


最近では、巨大折り紙みたいなものから、自分の好きなパーツを選んでカスタマイズして、バイク的な乗り物が作れるプログラム?を一個買って組み立てて乗ってみてるという夢を見ました。
一台欲しいです。(現実に再現不可能ですが)


あとは起きた瞬間に忘れるので覚えてられてません…。
でもガヤガヤした夢が多いのは確かです。


そんなのはどうでもいいから胃の不調よ治れ……TT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。