スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れる程に

何の為に?と問いながら答えが返ってくるのを待つ、
というのが愚行なのかもしれない
問いかけたことも忘れるぐらい生きている時そのものしか
答えにならないのかもしれない

答えはとっくに見つかっているのに
見えないふりをする
浸りきっているその時しか
見えないけれど
その時は問いかけたことを忘れているから
答えは無いように思える


あからさまで常に明らかだったとしても
それはいつも怖いこと
何時だって確かなことなど何処にも無いのだから
いつだって不安定であることは
間違いが無いのに
これとあれとは違うと言って分けてみたりする
本当はどちらも全く同じ事なのに










スポンサーサイト

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。