スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童顔ではないのに若く見られる

喜んで良いのか分からない。
今日また言われた…先週も…。

実年齢言って「…え?にじゅ…え?」とか驚かれるのはもう少しオバサンになってからで良いと思う…。


小学生には「中学生?」と聞かれ、中学生には「高校生じゃないの?!」と聞かれ。


オバサンオジサンに年齢を言うと「もっと若く見えますけど(結構歳いってたのね)」と苦笑される。

四歳下の妹と並べば妹が姉に見られる始末。

目鼻立ちが比較的くっきりしてるファッションに興味のある妹と、目鼻立ちが残念な感じで色気ゼロのどんくさい姉だったら、そりゃ逆転して見えるよな…

と思っていたけど、何だか服装や顔だけではないらしい。


子供っぽい服装を避けて割とオバサン系の服を着て、更にマスクつけてるのに高校生認定されました…。


どこを見てそう思ったんだ。

雰囲気が子供属性(意味不明)なのかな?


それで髪切ったら性別間違われるし…。


今は長いからいいですけど冬に短いとかなり間違われます。

胸もないし、声低いし、可愛げないし色気もないんだなぁ…と。笑うしかない。




苦労していない人、責任感のない人、オッパッピー(古)な人などは若く見られやすいとか。

…確かに私は苦労をしていないかも。と思います。

忍耐や我慢を強いられる事は多かったけど、物理的に朝から晩まで働き詰めとかはなかったし。

物理的な虐待もされてない。

ゲームやマンガを親の面前で友達からハブられるまで買ってもらえなかったとか、結局据え置きはダメだったとかは置いておいて、物質的には不自由したことがない。


不細工だから可愛い服は似合わないし欲しくない、と思えたのは、せがめば買ってもらえたからでしょう。

祖父が服を買ってくれる事になっても古風な顔には似合う洋服がなく、
母や店員の焦り気味なフォローはあからさまで虚しく、
デパートの洋服売り場には悲しい思い出しかありません。わらい。

(素材がアレだと何を着せてもアレ)
(馬子にも衣装と言えるのは馬子がマトモな顔の場合のみ)


バカ高いものやブランド品なんかはおいそれと買えないけれど。(興味もない)

小さい頃から飢えることもなく恵まれてましたね。


そんなに普通より苦労してないのか?とはちょっと思いますが…。


見えない問題は山積してたんですがね…。


若く見えるのは、他にも危機感がないとかスレてないとかアダルトな魅力がないとか…色々考えられる理由はあります。

キレイなオネエサンに憧れてない(なろうと頑張ってない)というのもあるかもしれません。

無理なんで…。


…不細工な方が頑張ってるのを見るのが一番いたたまれないです。

努力には拍手したいですが、美人になってるかと聞かれたら嘘はつけません。

まぁそういう酷い事を考える人間だからこういう顔なんでしょうが。

子供=毒舌

てことで。



でも中学生の時に、
アンケートの人につかまり、
「社会人の方ですよね?え?中学生?ええー!」

と言われたこともあるのです。一応。


同じぐらいの時に
「何年生?五年生ぐらい?え?三年生?え?中学?まぁー」と言われたり

大学入りたての時に、二年生の先輩に勝手に印象で四年生だと思われたりもしましたが…謎です。

性別間違えでは、
海水浴でオッサンに「ロン毛の坊っちゃん」と言われ(幼稚園)、小学校のランドセル取りに行くときにも「坊や偉いねぇ、お姉さんの取りに来たのかい?」とにこやかに言われ。

ホテルでは「お坊っちゃま」と言われ(小学校高学年)。



妹に背を抜かれる前は「お兄ちゃん」と言われ、抜かれてからは「妹さん」…。




…。


ブリブリの服を着てないからってそんなに分かんないもんですかね☆



スポンサーサイト

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。