上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢のメモ続きです。
必死に書きとめたのでヨミヅレェ

2時―3時に見た、最後の夢。

学校の黒板(つまり教壇のあたり)の下に、
クラス全員の直筆の何かがざくっとある。

左右に縦4行ずつのマス目がある紙の左側に、
それぞれ何か書いてあった。(内容は忘却)

私はそれをチェックしつつ、
自分のが一番上だったのを一番下に、
順番を逆に変えてから、後ろの席に戻った。
席に着くと、先生が入ってきてHRが始まった。

一連の夢でずっと学生になっていました。
先生って言っても気配だけで、
見る前に目が覚めたので誰か分かりません。

短いですが、以上です。
~~~~~~~~~~~~

次に5時ぐらいまで起きていてから、
(9時半から3時まで寝たのでやけにスッキリしていたw)
また寝て、見た夢。

その前に、リアルすぎる夢は、
記憶の整理だけではなく、
それ以外の意味もあるのかも、ということで、
一応、『質問』をしてから寝ました。

夢でも迷子になっていましたが、
色々『迷子』であることには変わりが無いので、
目的とか何がしたいのかとか、そんなような事を。

~~~~~~~~~~~~~

一つ目  妹がトンボ

何処か、天井が低めで(お店の二階部分?)暗めの場所に、
誰か大人2人と、子ども2人と、私で座っていました。
ソファーとローテーブルが低かったから余計何か、
狭いイメージでした。

そこで子どもたちにせがまれて、
色々イラストを描いていました。動物とか。

「もっといろいろ描いて!○×描いて!あ、おかき描いて!」と言われ…

「○×?;おかき?;
(○×←ゾウかキリンか忘れました)
分かった、家で描いてくるよ…」と、約束し、帰宅しました。

その時、子どもの食べてた(これを描けと言われた)
おかきを一個持ち帰りました。

部屋に戻ると、電気を付けずに、机に向かいました。
(確かに実際の今の家のイメージを使っているけど、
家具やら部屋の位置、窓の位置、場所、色々違った)

大きな窓が机の前面と部屋の奥にもあったので、
それなりに明るかったのです。
赤味が消えたあとの、夕方の青い空という感じでした。

で、ちょっと座ろうとしたら、
バタバタ…と変な気配がして、立ち止まると、
部屋の中を、何か大きなものがゆっくり飛びまわっていました。

影を確認すると、トンボでした。
トンボの形なのに、長さが40cmぐらいあり、
思わず「でかっ!」と夢の中で驚きました。

カラーリングは緑、青、茶色とカラフルで綺麗そうだったのですが、
とにかく大きいし、部屋の中に居られては困るので、
扉を開けて、外に出そうと誘導しました。

でも部屋の中を飛び回ってばかりで、らちが明かないので
とりあえず電気をつけることに。

部屋の中も、トンボもハッキリ見えるようになりました。

かなり綺麗なトンボでしたが…

いかんせんデカイ(TДT)ドラゴンフライ

なので、やはり出ていってもらう事にしました。
向こうもこっちを、
大きな副眼(?)のついた顔でこっちを見ていました。

(でも目玉が無いので何処見てるのか分からない)

扉の方に追いやると、トンボが突然喋りました。

「ちょ、私だから、追い出さないで」

??と思っていると、
扉の外でトンボがとらんすふぉ~~~む(…。)し、
トンボと同じカラーリングの服を着た、妹になりました。

「何?今の?どうしたの?」と訊くと、
最近トンボになれるようになったらしい。(どういう事だ)

インターネットで変身の動画を公開したら、
凄いという声がわずかにあるものの、
グロイ・気持ち悪いという声が大多数で、
賛否両論になっているらしく、困っていた。

(ノーパソを持っていたので見せてもらった
/どれもコメントは英語だった)

トンボになるのは途中で止められるらしく、
背中だけトンボの翅とかいうのも出来るようだった。

でもそんな綺麗なものでは無くて、
途中で止めると変な風に全身ねじれて(ひきつって?)ました。

「映画のあれみたいじゃん、えーっとー
ニュータイプじゃなくって…X-MEN?」
と言って励ましました。

笑っていましたが、少し複雑な様子。

「綺麗だし、面白いし、いいんじゃない?」と言って、
単なる昆虫ではないので絵が描ける~(大人しくしていてもらえる)
と、絵のモデルになってもらうことにした。

後で色を付ける時の参考に、
色々な方向から写真を撮っておく事に。

10本入りのファイブミニのような飲み物を、
一本あげて(というか勝手に開けて飲まれた)、
私も一本飲みました。
(パッケージが似ているだけで、
オレンジジュース、デザインがもっとゴツくて違う)

それで、椅子の背もたれの部分に止まって静止してもらって、
写真を何枚か撮っている時に、違う夢に転換しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
二つ目。 現代アート?!な夢

アメリカの「―――美術館」(名前は浮かんでいたけど忘れた)
美術館自体の、オープニングセレモニーなのか、
新しい展示のオープニングなのか…

白人の太めのおじさんが、建物の前に置いてある、
真っ白い車のアートの前に立って、
微笑んで何やら紹介している映像(?)から始まりました。

(私の他に2人、誰かは忘れた)

横で、――美術館は、日本の――美術館の
親戚なんだよね、という声。(現代美術?)


真っ白い車のアートは、
少し角ばっていて、タイヤまで白い車のハリボテ。

開けると、更に透かし模様の白いパネルで覆われていて、
量産型(?)だけど、
透かし模様のオリジナル感(それぞれ違う?)から、
色んなセレブに買われていて、
売れ行きの良いものなのだという話を聞く。

何故か、冷蔵庫になるらしい。

いつの間にか、誰かの説明を聞いていたのが、
その場(美術館/アメリカ)にいるという状態に変わった。


目の前に出てきたのは、
ウエディングチャーチ的なアート。

と言っても、見た目は少々グロテスク。

天井から吊るされた無数の真っ白い、ドロップ型と言うのか、
先が膨らんで丸くなって繭みたいな布の塊の大群だった。

異様な風景に圧倒され、
体験型だから、中に入れと言われ、恐る恐る入ってみる。

その、吊るされた白い布の塊に触ると、対応した音がなり、
例えば最初の方はオルガンの音とか、途中からベルの音とか、
最後は、Uターンして側廊?を歩くと、
出口で何か撒いたりしている音がしたり、
一周すると結婚式を追体験できる仕様らしい。
(はぁ…左様で…という感じ(酷

不気味な白い塊にぼこぼこ当たりながら、
鐘の音やら、神父?の声とか、祝福の声、
ザワザワした音を聴きつつ、

これがチャペルとか……すごいセンス…

と思いながら最後まで体験し、出ました。


そこを出ると、石の床の宮殿(?)になっていました。
緩やかに違う夢というか違う場面に転換。

エジプト?中国?いまいち分かりませんでした。

その開放的な石造りの宮殿(?)を、
皆で見学して回りました。
(あと2人横に同行者がいました)

王と王妃の間も見学可能でした。無防備な…。

扉は無いのに、ノックしないといけないらしく、

で「ノック」というのは、
「けんこん」という手の形にして礼をする事でした。

手を二つ、上と下に合わせて、
合掌じゃないですけど、グーっぽくする…奴です。

何ソレ?と思うと、
壁に図解つきの説明の紙があるのに気付きました;

漢字の「乾」だけ見えたので、多分『乾坤』かなと思います。

何か右手と左手は陰陽を表すとかなんとか説明されましたが、
私は全く初めてのあいさつで、
「どっちの手が上なんですか?」とか聞いて呆れられました。

部屋の中には、王と王妃と、
あともう一人年上の男性(長老?/それか現王?)
がいました。

その後、廊下を歩いていると、
また厳密な部屋ではないけど、開放的な空間で、
一区画に人が集まって話しているところを見ました。

雰囲気がちょっと韓国ドラマっぽいなと思いました。
女性ばかりでした。
筆で書く、一発勝負の文書の内容をチェックしているところでした。

ある人の文章がよろしくなかった(センスがなかった?)ようで、
リーダーらしき女性が、「○×さん、どうしたの?具合でも悪いの」と言っていました。

で、その人は、その通りです、調子が悪いんです…と、
それから、旦那なのか親戚の男性なのか、
今期の官吏(?)に選ばれなかったある人が、
よせばいいのに、家で北朝鮮(朝鮮北部)の愚痴ばかりいって疲れる…
という話をしていました。

で、北部出身と思しき女性が、
どうせ北はお荷物ですよ、というような発言をしてました。

意味不明^^;



その後、本を渡され、それを見ました。

また韓国ドラマのような、
原色系の色調の服装の人が出てくる、
立体写真アルバムみたいなアート(?)でした。

表紙をめくると、
半透明なゼリー状の液体(固まってる)中に、
若くして死んだ男女(王族?)の遺体(蝋人形)が
俯せに沈んでいて、

更にめくると、ゼリーの色合いが薄緑から透明になったものになり、
彼らの洋服がフルカラーで見えるようになり、

更にめくると、
違う場面+またゼリー状の液体に満たされている写真、になり、
(ピラミッドの階段っぽいもの)

それを見ているところで目が覚めました。


今朝の夢メモは以上。

やたら奇抜な物体の出てくる頻度の高い夢たちでした;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

男女が死んでる&ピラミッドは、
今日(夢を見た後)の「アイーダ」(映画)関連かな?とも少し思いました。

アイーダを見たのは初めてでしたが、最後に男女二人で埋められて終わる話だったので…。
(ゼリーの中では無くて石の下に生き埋めですがww)


「おかき」は、
「お描きなさい」の「おかき」だったら、
ちょっとどころかかなり寒いです。

子どものためにお描き。
お書き、かもしれません。

結構「ダジャレ」とか「そこ誤変換だろ」っていうのが、
夢の中では多いので…、ありえなくはない、かな…。


トンボもそうですが、夢がリアルすぎて、
色も覚えてるし、聞こえてるし、感触もあるし、味もあるし、

すごく…起きてから、残念な気分になります。

普段の、日常生活の記憶は、
そこまで鮮明に覚えていられないのに、
夢の記憶は、メモという手掛かりがあると、
かなり前の物でも、『高品位』の再アクセスが可能です。


そして、起きている時は、
そんなイメージ力ないです。

過去生催眠CD聞いて意識がある時も、
映像なんてものは全くもって浮かびやがりません。


で、寝落ちすると、
一気に鮮明な夢になります。


…。

頼むから、
起きている時にも、
そういう記憶力だの
イマジネーションだのを
発揮してくれ!!!!!!!!!!!!!


何で起きてる時はそんなにダラけているんですか…!

と思います。切に。かなり。頼むよ脳ミソ(´;ω;`)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。